ひげ脱毛は専門の脱毛サロンのお任せ!

ニードル脱毛に適してる脱毛部位とは?

脱毛方法の一つであるニードル脱毛は一体どのような個所に適してると言えるのでしょうか。ニードル脱毛では色素の薄いムダ毛にも対応できますがレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は黒い毛しか脱毛ができませんでした。

 

純日本人(アジア系)のであれば髪の毛の色もムダ毛も色素が濃い黒色である人が多いです。

 

一方でハーフや外国人の人はムダ毛が細く色素がうすいですので色の薄いムダ毛はレーザーの光で反応をしにくいため、綺麗に脱毛処理をするためにはニードル脱毛を選ぶのが最適です。

 

また、ムダ毛が黒い人でも毛質が細ければ、レーザーで綺麗に脱毛をすることができません。

 

レーザー脱毛はメラニン色素に反応して脱毛をしますので特殊な光は黒い色に反応をして毛根を破壊することから、お肌の黒い人や日焼けをした後の肌には照射をすることができません。肌を焼くことが好きな人、

 

元々色黒だという人はレーザー脱毛よりもニードル脱毛の方が好ましい

 

です。また、乳輪、Iライン(陰部)、Oライン(肛門周り)はメラニン色素が濃い部分です。他にも色素沈着をしがちな太ももや脇も黒ずみの度合いによってはニードル脱毛をおススメされる場合があります。

 

但し、Iラインのような粘膜に近い部分は大変デリケートな部位になりますので針を刺して電気を通すニードル脱毛の施術ができないこともあります。

 

医療レーザーやサロンのフラッシュ脱毛と併用をしてムダ毛の完全処理をするとずいぶんきれいに脱毛することができますが、例えば脇はムダ毛が太く目立ちやすいですが人の目にも触れやすいので完全に脱毛をしたいと言う人が圧倒的に多いです。

 

この場合、まずはレーザーを使って大部分のムダ毛の処理をして出来る限りムダ毛を細く数を減らしていくアプローチをします。その後、残っているムダ毛に対してニードル脱毛をすれば、より綺麗に完全に処理をすることができると言えますね。

 

一部の大手エステティックサロンや医療期間ではレーザー脱毛とニードルと脱毛の併用を行っているサロンもあります。レーザー脱毛よりもニードル脱毛の方が適していることもあるのでサロンやクリニックに相談をして施術方法を選ぶといいでしょう。

 

ひげ脱毛と反対にデリケートなVライン 脱毛では痛みを伴う為、光脱毛が一番適していると云えるのではないでしょうか。